記事詳細

家でできる仕事を本業にすることは可能?コツと具体的なポイントを解説

2021.08.04
家でできる仕事を本業にすることは可能?コツと具体的なポイントを解説

ここ1-2年で、家でできる仕事の注目が高まりましたが、「家でできる仕事で稼ぐのは難しいのでは?」「在宅ワークの経験のない自分にできるだろうか?」と悩んだ経験のある方も多いと思います。

家でできる仕事で本業以上に稼いでいくことは、もちろん可能です。
ですがそのためには、家でできる仕事の中でも高収入につながりやすい職種を選び、継続していくことが必要です。

この記事では、家でできる仕事で生計をたてる具体的なステップやコツ、メディアでよく紹介されている在宅ワークは本当に稼げるのか?などひとつひとつ分かりやすく解説していきます。

家でできる仕事を本業にして生活することは可能?

家でできる仕事を本業にしたい

家でできる仕事を本業にすることは可能です。

数年前まで在宅ワークで稼げるのは、エンジニアとして実績や経験があったり、イラストレーターや小説家など優れた才能がないと難しいというイメージがありました。
ですがコロナウィルスの大流行をきっかけに、今まで在宅の働き方の割合が非常に少なかった職種でも、次々と在宅の働き方にシフトチェンジしています。

在宅ワークをしている人の割合って?

家で仕事をするテレワーカーの割合は22,5%と、5人にひとりが在宅ワークをしています。

在宅ワークをしているひとには、雇用型テレワーカー(会社に雇われている人)と自営型テレワーカー(自営業の人)の方がいます。男女比率を比較すると、自営型テレワーカーのほうが女性比率がぐっと上がります。

(参照:国土交通省調べによる、テレワーク調査令和2年最新版のデータ)

雇用型テレワーカーと自営型テレワーカーの説明は、こちらの記事をどうぞ

▶︎在宅ワークは主婦にピッタリ!詐欺案件の見分け方や安心オススメ企業をご紹介

家でできる仕事を本業にすることが向いている人の特徴

家賃負担が少ない人

主婦(主夫)で自分以外にも収入の柱がある人や、実家暮らしで家賃の負担が少ない人は、生活できなくなるリスクが少ないので、家でできる仕事を未経験から初めてみてもいいでしょう。
「パートナーが生活費を稼いでくれるので生活費は心配ない」「実家暮らしだから、自分のお小遣いだけあれば十分」という声もあれば、「むしろ稼ぎすぎると扶養からはずれてしまうので困る」という意見もあります。

すでに在宅ワークで収入がある人

少額でもすでに在宅ワークで収入を得たことがある人は、これから本業にしても稼いでいける可能性があると言えます。
本業にして時間を割くことができれば、収入が安定していく可能性が十分にあります。

働く場所や時間を、自由に決めたい人

自由な働き方を求める人に在宅ワークは最適です。
始業や休憩のタイミングを自由に決めることができるからです。

住まいと仕事場所は別のほうが集中できるという意見は男性に多く聞かれますが、女性は
時間の自由度の高いほうが、仕事を続けやすい傾向があります。

家でできる仕事で生計をたてるための具体的なステップ

家でできる仕事を本業にするコツは金銭管理

1:自分の最低限の生活費を知る

新たに家でできる仕事を本業にしていく場合、フリーランスを選ぶ方が多いと思います。
その際に把握しておきたいのが、自分の最低限の生活費です。
家賃、光熱費、スマホ代、食費、消耗品費...生活にかかわる最低限の費用を把握します。
交際費やレジャー費、洋服代はなくても生活は可能なプラスアルファの支出です。
見直せる箇所もリストアップして、計画をたてましょう。

2:1日何時間働けるか計算してみる

1日は24時間しかありません。週に何日、1日に何時間仕事ができるか計算しましょう。
どんなにやる気があったとしても、休みなく働くことはできません。
しっかり休息の時間も考慮しましょう。

3:目標を決める

次に、具体的な目標金額を決めて、シュミレーションをします。
仮にウェブライターのお仕事で1ヶ月に10万円を目標とした場合、毎月何本記事を書けば良いのか計算をします。

1本5,000円の仕事なら、20本の執筆が必要になります。
1本書き上げるには何時間必要か?
20本の案件を、どこから得よう?というように、より具体的に考えていきます。

金額が決まると無理な仕事もわかります。毎月10万円稼ぎたいのに、シール貼りのような単価が低い内職系のお仕事はNGです。

4:まずは初めてみる!

目標を決めたら行動あるのみです!まずは1案件を自分の力で得るよう努力してみましょう。
最初からうまくいくこは希です。一歩ずつ初めてみましょう。

在宅の仕事で高収入を得るコツはある?

家でできる仕事で専門性をつけて稼ぐ

在宅の仕事でも高収入を得ることは可能です。そのために必要なコツを3つ紹介します。

1:専門的スキルがある人は、迷わず活かす

ITスキル、文章力、絵やイラストが得意、写真やカメラ技術は超詳しいなど、専門的スキルや得意分野がハッキリしているのであれば、迷わず活かしましょう。
長時間やっても苦痛にならない作業は間違いなく向いていますし、楽しく続けることができます。

2:折れずにコツコツ努力する

スタートした直後は、なかなか仕事が受注できなかったり、悔しい思いをすることもあるでしょう。ですが最初から上手くいくほうが希です。挫折せずコツコツ努力を続けていけば、1年後には今では考えられないくらい成長しています。結局は何事も、努力を継続できる人が強いのです。

3:SNSやブログで発信して仲間をつくる

家で一人で仕事をするということは、悩みやスキルを相談できる先輩も同僚もいません。
一人で悩み孤独を感じることもあるでしょう。それに、自分の周りに同じ職種の友人や知人がいるとも限りません。
日頃からSNSやブログで発信して悩みを共感できる仲間がいると、落ち込んだ時に相談できたり、やる気を継続させることができます。
また、フリーランスは新しい情報も、常にインプットし続けなければいけません。
情報を集めるといった意味でも、仲間はとても大切です。

よく紹介される、家でできる仕事って稼げるの?

家でできる在宅の仕事の人気の種類

家でできる仕事は、内職レベルのものから専門スキルが必要なものまで様々です。インターネット上でこの手の仕事は数多く紹介されていますが、実際に稼ぐことは可能なのでしょうか?よく見かける家でできる人気の仕事を、「副業レベル」「がんばれば本業レベル」にわけてみました。

【副業レベル】家でできる人気の仕事

内職系の仕事だけで生計をたてるのはむずかしいでしょう。せどりやアフィリエイトだけで生活をしている人もいますが、お金になるまでの準備期間が長くほとんどの人が挫折してしまいます。ハンドメイド作家も、一個あたりの単価が低いものだと、趣味の延長のため大きく稼ぐことは難しいです。

  • データ入力
  • シール貼り
  • アンケートモニター
  • せどり
  • アフィリエイト
  • ハンドメイド作家

【がんばれば本業レベル】家でできる人気の仕事

専門性の高い仕事は、頑張り次第で十分本業にできます。会社員として専門分野を経験しているのであれば、非常に大きな強みとなります。
ライターやイラストレーター、エンジニアは人気の高い仕事ですが、仕事の案件も多いのが特徴です。学生時代にコールセンター でバイト経験のある人には、在宅コールセンター の人気が高まっています。発信をするのは好きな人は、自らブロガーやユーチューバーとなってみるのもいいでしょう。

  • ライター
  • イラストレーター
  • エンジニア
  • ブロガー
  • ユーチューバー
  • 動画作成や編集
  • 在宅コールセンター

在宅の仕事で稼いでいくために必要なこと

在宅で仕事をする中で見落としがちなのが、働く環境づくりと、努力を続けるマインドです。

働く環境づくり

パソコン作業の場合、自分の体型にあった椅子とデスクを用意してください。
長時間作業をするのに、座りにくい椅子だとすぐに肩こりや腰痛に悩まされることになります。パソコンやマウス、キーボード類も使っていてストレスのないスペックのものにしましょう。長時間使うモノのはケチらず、使いやすいものにしましょう。

努力を続けるマインド

コツコツ努力続けるには、仕事を楽しむのが一番です。
「自分はどんな傾向があるのか」「どんな仕事が向いているのか?」を知るために、
グッドポイント診断やエニアグラムなど、診断テストを活用してみるのもいいでしょう。 

まとめ

家でできる仕事を本業にしていく具体的なコツやポイントをお伝えしてきました。
最初は難しく感じるかもしれませんが、本業にできる職種もたくさんあります。

家で仕事がしたいと思っていたけど一歩を踏み出せなかった方、まずはご自身の生活を見直し、計画をたてるところから初めてみてはいかがでしょうか。

 

家でできる人気の在宅コールセンターの仕事に問い合わせてみる

出勤・出社不要
リモートワンに登録して、
高収入、自由な働き方をしてみませんか?
お家で好きな時に
お仕事ができる!
LINEでかんたん登録