記事詳細

在宅ワークは主婦にピッタリ!詐欺案件の見分け方や安心オススメ企業をご紹介

2021.08.02
在宅ワークは主婦にピッタリ!詐欺案件の見分け方や安心オススメ企業をご紹介

近年在宅ワークが人気を集めていますが、興味を持たれている主婦の方の中には、

「ブランクがあるけど働けるかな…?」
「子育て中でも大丈夫なのかな…?」

などの悩みから、在宅ワークを始めるための第一歩を踏み出せずにいるという方も多いのではないでしょうか?在宅ワークは、家事や子育てで忙しい主婦にこそおすすめしたい働き方です。

「トラブルが多い」という側面もありますが、危ない案件の見分け方さえ把握していれば、そういったトラブルに巻き込まれてしまうこともありません。

在宅ワークは一般的な働き方とは異なり、頑張れば頑張るほど稼げる働き方ですので、トライせずに躊躇しているのは非常にもったいないです。

当ページでは、在宅ワークを始めてみたいと考えている主婦向けに、怪しい案件の見極め方人気の在宅ワークについてわかりやすく紹介します。

経験や資格がなくても始められるのが在宅ワーク

主婦がリビングのパソコンで働いている

在宅ワークは、経験や資格がなくても始められる非常に魅力的な新しい働き方です。

主婦向けの在宅ワーク支援サービス「ママワークス」を運営している株式会社アイドマ・ホールディングスがおこなったアンケート調査によると、現在在宅ワークをおこなっている方の4割以上が今後も在宅ワークを続けていきたいと回答しています。

また、自分が理想とする働き方としては、

「在宅ワークで新たなスキルを身につけもっと上を目指したい」
「今持っているスキルを活かした仕事がしたい」

と回答している方が全体の7割となっており、在宅ワークに取り組んでいる方の大半は仕事に前向きに取り組んでいるということがわかります。

これらのアンケート結果からもわかるように、在宅ワークという働き方はやりがいがあり、充実した時間を過ごせる働き方だと言えるわけです。

今後も在宅ワークを続けたいですか?の調査結果のグラフ

(グラフ参照:株式会社アイドマ・ホールディングス「在宅ママワーカーのプロ意識高まる企業は期待に応える体制作りの検討を」より)

在宅ワークの働き方は2種類ある

在宅ワークの2種類の働き方を解説

在宅ワークには、雇用型の在宅ワークと自営型の在宅ワークといった2種類の働き方があります。

それぞれ働き方とメリット・デメリットが異なるため、それらを把握し、自分に合うタイプの在宅ワークで働き始めることが大切です。

雇用型の在宅ワーク

雇用型の在宅ワークは、企業に雇用された状態で働くタイプの在宅ワークです。

雇用されてその企業に所属し、その企業の業務をこなすため一般的な働き方とほとんど違いがありません。

働く場所が会社ではなく自宅になるという点が唯一の違いと言えるでしょうか。

雇用型の在宅ワークのメリットとしては、収入が安定しているという点や福利厚生がしっかりとしている点あげられます

一方、時給制や給与制となっている場合が多いため、大きく稼ぐのは難しいというデメリットがあります。

自営型の在宅ワーク

自営型の在宅ワークは、企業に所属せず、個人事業主となって働くタイプの在宅ワークです。

フリーランスと呼ばれる働き方でもあります。

このタイプの在宅ワークは頑張れば頑張るほど収入が増えますし、スキルに比例して単価が上がるため、主婦でも大きく稼ぐことができます

しかし、自営という性質上、自分で営業して仕事を獲得しなくてはいけません。

仕事がなくなると収入を得られなくなってしまうので、収入を安定させるのが難しいという点がデメリットとしてあげられます。

これで安心、怪しい在宅ワーク求人の見分け方4つ

主婦が怪しい仕事に誘われている

主婦の方が在宅ワークを始める場合、注意してほしいのが怪しい在宅ワーク求人について。

在宅ワークは人気が高まってきているということもあって、詐欺案件など怪しい求人が急増しています。

また、極端に安い報酬で案件に取り組ませる搾取型の案件も少なくありません。

そういった怪しい求人や搾取型の求人に引っかかってしまわないために把握しておきたい4つのチェック項目について紹介していきます。

運営会社の情報かしっかり記載されているか

魅力的な在宅ワーク求人を見つけたら、その求人を出している運営会社の情報を検索し、チェックするようにしましょう。

最近はどの企業もホームページを制作しているものです。

ホームページには会社名や住所、電話番号についてはもちろん、おこなっている事業についても詳しく記載されているので、怪しい点がないか細かくチェックするようにしましょう。

住所が普通の住宅の住所になっている場合は少し警戒する必要がありますし、電話番号が個人の携帯電話の番後になっている場合も注意が必要だと言えるでしょう。

ホームページそのものが公開されていないような企業は避けるべきです。

また、「企業名 口コミ」などで検索し、その企業の口コミを検索してみるのもおすすめですよ。

高額な研修費や教材を購入させられないか

在宅ワークを語った詐欺として最近急増しているのが、研修費や教材を購入させるタイプの案件です。

「在宅ワークで稼ぐためには知識を身につける必要がある」などとうたい、高額な研修を受けるよう迫ってきます。

もちろんその研修を受けたからと言って稼げるようになることはなく、在宅ワークで稼ぐつもりが逆に損をしてしまったというケースも少なくありません。

また、「〇〇(業種名)で稼ぐための秘訣がつまった教材です」などとうたい、高額な教材の購入を迫るパターンもあります。

まともな企業がこちらに何かしらの費用を請求することはまずありませんので、そういった案件は避けるようにしましょう。

業務内容は明確に説明されているか

在宅ワークに取り組んでいく上でトラブルを避けたいのであれば、業務内容や契約内容をできるだけ明確にしておくことが大切です。

大企業などは業務内容や契約内容を明確にしていますが、中小企業や個人事業主になると業務内容や契約内容があいまいになってしまっているケースは少なくありません。

業務内容を明確にしていないと違法な行為を手伝わされてしまう可能性がありますし、報酬に見合わない働きを求められる可能性もあります。

報酬や支払い方法などの契約内容についてもしっかりと確認しておかないとトラブルにつながりかねませんので、しっかりと提示されているか確認するようにしましょう。

本当に稼げるのか

在宅ワークの求人では報酬が提示されていますが、設定されている報酬が業務内容に見合ったものかどうかについてもチェックしなくてはいけません。

在宅ワークにも相場があります。

相場は業務の内容やジャンルによって異なりますが、ライターの場合だと文字単価1円以下の案件は相場よりも報酬が低い案件だと言えます。

また、動画編集の場合、1本3,000円ほどの案件は相場よりもかなり安いと言えるでしょう。

相場よりも報酬が極端に低い案件は労働力を搾取するつもりで求人を出している案件だと言えますし、逆に報酬が相場よりも極端に高い案件は詐欺を疑うべきです。

同じ内容の案件と報酬を比較し、相場とかけ離れていないかチェックするようにしましょう。

人気の在宅ワーク4ジャンル全15種類をご紹介

主婦に人気の在宅の仕事のジャンル

在宅ワークにはさまざまな案件があり、業務への取り組み方や稼ぎ方もさまざまです。

在宅ワークのジャンルを大きく分けると、

  • 投資系
  • ネットビジネス系
  • リモートワーク系
  • 自宅開業系

の、4つに分けることができます。それぞれのジャンルの特徴と業種について詳しく解説していきます。

投資系

投資系の在宅ワークはある程度資金を用意する必要があるタイプの在宅ワークですが、資金や実力によっては大金を稼げる在宅ワークでもあります。

代表的なものとしては、

  • 株式投資
  • FX
  • 不動産投資

などがあげられます。

株式投資は企業の株の売買で稼ぐ在宅ワークで、FXは外貨の差額で稼ぐ在宅ワークです。

不動産投資は、不動産を購入して貸し出したり販売したりして稼ぐ在宅ワークとなっています。

投資系の在宅ワークは大きく稼げますが、専門知識が必要ですし、リスクが高いので、初心者にはあまりおすすめできません。

ネットビジネス系

努力次第で大きく稼げる可能性があるのが、ネットビジネス系の在宅ワークです。

代表的なものとしては、

  • アフィリエイト
  • ネットショップ運営
  • せどり

などがあげられます。

アフィリエイトはブログやWebサイトを立ち上げ、そのブログやサイトに広告を掲載して稼ぐタイプの在宅ワークです。

ネットショップ運営では、ネットショップを開設して商品を販売し、利益を得ます。

せどりは、安く購入した商品を高値で販売し、その差額で儲ける在宅ワークです。

ネットビジネス系の在宅ワークは努力次第で稼げますが、ビジネスと割り切って本気で取り組まないとまったく稼げません。

そのため、ほとんどの方が成功する前に諦めてしまいがちです。

リモートワーク系

最近特に人気が高まっているのが、リモートワーク系の在宅ワークです。

リモートワーク系の在宅ワークには、単純作業から専門的なスキルが求められるタイプのものまでさまざまな業種があります。

代表的なものとしては、

  • データ入力
  • ライター
  • 在宅コールセンター
  • エンジニア
  • モーニングコール

などがあげられます。

エンジニアなどは専門的なスキルが求められますが、ライターや在宅コールセンターは初心者でも気軽に始められるタイプの仕事です。

気軽に始められる仕事であるわりにしっかりと取り組めば本業並みに稼げるため、自営型の在宅ワークとしての人気が高まっています。

自宅開業系

在宅で働きたいと考えている主婦の間で根強い人気を誇っているのが、自宅で店舗を開業する自宅開業系の在宅ワークです。

代表的なものとしては、

  • ネイルサロン
  • エステサロン
  • 英会話教室

などがあげられます。

自宅開業系の在宅ワークは豊富な知識と高いスキルが求められますし、集客できないと収入を得ることができません。

また、開業する段階である程度資金を必要とします。

しかし、地域のコミュニティを持っている場合はそこから集客できるので、そういった方には向いている在宅ワークだと言えるでしょう。

詐欺一切なし!安全なお仕事を紹介している会社

在宅ワークを紹介している信頼できる会社

詐欺案件や搾取案件などの在宅ワーク求人に当たってしまわないためには、そういった案件を取り使っていないプラットフォームで仕事を探すことが大切です。

詐欺案件や搾取案件がないプラットフォームとしては、

  • クラウディア
  • ママワークス
  • indeed

などがあげられます。

クラウディアは業界最大級の案件を抱えるクラウドソーシングサービスです。

手数料が安いため、初めての方でも稼ぎやすくなっています。

ママワークスは主婦に人気のクラウドソーシングサービスで、スキマ時間を有効に使って収入を得ることができます。

indeedは求人情報に特化した検索ブラウザです。

複数の求人サイトの情報をまとめて検索できるため、効率よく仕事を探すことができます。

いずれも主婦の方におすすめのプラットフォームですので、ぜひ登録して活用してみてください。

専業主婦や子育て主婦でも高収入につながりやすい仕事

主婦が家でできる仕事で稼いでいる

在宅ワークとひとくちに言ってもその種類はさまざまです。

そのため、どういった業種の案件に応募していいか迷ってしまいがちですが、専業主婦の方や子育て中の主婦の方には、「取り組みやすく短時間で高収入につながりやすい仕事」がおすすめです。

取り組みやすく短時間で高収入につながりやすい仕事としては、

  • ライター
  • 在宅コールセンター
  • 自宅開業

の、3つがあげられます。

ライターは慣れるまでに多少時間がかかりますが、慣れてくれば時給換算で1時間あたり2,000~3,000円ほど稼げるタイプの在宅ワークです。

在宅コールセンターは案件にもよりますが、アポイントワーカーやリモートクローザーなどの案件であれば時給2,000円以上稼ぐのも夢ではありません。

また、なかなかまとまった時間を取りにくい方の場合は、スケジュールを柔軟に調整できる在宅開業系の在宅ワークもおすすめです。

まとめ

ブランクのある主婦の方や子育て中の主婦の方が在宅ワークを始める場合、つい不安になって躊躇してしまいがちです。

しかし、在宅ワークは効率よく稼ぐことができますし時間の融通もききやすいので、主婦にこそピッタリの働き方だと言えます。

そのため、迷っているのであればとりあえず一歩踏み出してみるべきです。

ただ、最近は詐欺案件や労働力を搾取するタイプの案件が増えてきているので、安全な案件を見極める方法を把握した上で案件を探す必要があります。

在宅ワークを始めるかどうかで迷っている方は、この記事で紹介させてもらった怪しい案件の見極め方やおすすめの案件などの情報を参考に、在宅ワークに取り組み始めてみてはいかがでしょうか?

出勤・出社不要
リモートワンに登録して、
高収入、自由な働き方をしてみませんか?
お家で好きな時に
お仕事ができる!
LINEでかんたん登録