記事詳細

初心者におすすめ在宅ワークを、どこよりも分かりやすくご紹介!

2021.07.30
初心者におすすめ在宅ワークを、どこよりも分かりやすくご紹介!

「子どもが小さいから家でできる仕事を始めてみたい」
「通勤しなくて済む仕事がしたい」
「子育ての合間の時間を有意義に使いたい」

など、育児と仕事の両立で悩んでいたり、働き方で悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

最近は「在宅ワーク」という働き方が注目を集めていますが、在宅ワークは、出産や子育てでライフスタイルが変わってしまった方や今の働き方に不満を感じている方にとってベストな働き方です。

ただ、在宅ワークは種類が多く、中には詐欺まがいの案件もあるため、はじめる場合は「安心して始められる仕事」を選ぶことが大切です。

当ページでは、安心して取り組めるおすすめの在宅ワークを厳選して紹介していきます。

在宅ワークのメリットやデメリット、在宅ワークを始める前に知っておきたいポイントなど、在宅ワークの基礎知識についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

在宅ワーク未経験で稼げる金額相場は、ずばりコレ!

在宅ワークで稼ぐ女性

在宅ワークを始める場合、

  • 副業者お小遣い稼ぎレベルの報酬を得られればいい
  • 本業にできるくらい稼ぎたい

など、目指す金額によって働き方やおすすめの在宅ワークが異なります。

稼げる金額別に、人気の在宅ワークをピックアップしてみました。

月5,000円稼げる在宅ワーク

月に5,000円ほど稼げる代表的な在宅ワークとしては、

  1. アンケートモニター
  2. ポイ活

が、あげられます。

1. アンケートモニター

アンケートモニターは、アンケートに答えて報酬を得るタイプの在宅ワークです。

さまざまなジャンルのアンケートを実施している「リサーチパネル」などのサイトにモニターとして登録し、アンケートに答えることで報酬を得ていきます。

アンケートモニターは、スマホだけでも十分対応できる気軽な在宅ワークです。

ただ、1件あたり数十円と報酬の単価がかなり低いため、お小遣い稼ぎと割り切って取り組まれることをおすすめします。

2. ポイ活

パソコンがなくても取り組める在宅ワーク、ポイ活。

「モッピー」などのポイントサイトに登録し、決められた条件を満たすと獲得できるポイントを現金に交換することで報酬が得られるようになります。

ただ、こちらも獲得できる報酬額は数十円分程度と多くなく、数百円~数千円のポイントを得るにはサービスへの登録やクレジットカードの発行などが必要になるため、大きく稼ぎたい方には向いていません。

月2~3万円稼げる在宅ワーク

月に2~3万円ほど稼げる代表的な在宅ワークとしては、

  1. データ入力
  2. テープ起こし
  3. フリマアプリ

が、あげられます。

1. データ入力

データ入力は、パソコンでデータを入力し、登録していくだけの簡単な在宅ワークです。

しかし、単純作業ではありますが、最低賃金以上の時給で働ける案件も多く、月に2~3万円程度であれば未経験の方でも稼ぐことができます。

2. テープ起こし

テープ起こしは、

・セミナー
・講演
・会議

などの内容を録音した音声データを文字に起こす在宅ワークです。

こちらも特に知識や技術が必要とされないタイプの在宅ワークですので、未経験の方でも気軽に始められます。

報酬は録音データの長さで設定されていることが多く、1分あたりの単価は80~100円ほどとなっています。

3. フリマアプリ

不用品の処分に困っている方におすすめしたいのが、フリマアプリを使った在宅ワークです。

不用品の数や種類にもよりますが、自宅にある不要品を出品して売るだけで数万円の利益をあげられるケースは少なくありません。

スマホだけで始められるのも、この在宅ワークの魅力の一つです。

ただ、不用品には限りがあるため、継続的に稼ぎたい場合は物販への転向が必要です。

月5~10万円以上稼げる在宅ワーク

月に5~10万円ほど稼げる代表的な在宅ワークとしては、

  1. ライター/ブロガー
  2. 在宅コールセンター
  3. アフィリエイター

が、あげられます。

1. ライター/ブロガー

ライターは、しっかりと稼げる在宅ワークの中でも特に人気の高い仕事の一つです。

Webのメディアや企業が運営しているブログなどに掲載するコンテンツのライティングをサポートすることで報酬を得ていきます。

報酬は「1文字◯円」と設定されていることが多く、慣れてくれば本業なみの収益を得られる場合もあります。

ブロガーは、自分のブログを立ち上げて広告収入で収益をあげるタイプの在宅ワークです。

ブログにGoogle AdSenseなどの広告を掲載することで収益を得ます。

2. 在宅コールセンター

在宅コールセンターは、今話題の在宅ワークの一つです。

ユーザーからの問い合わせに答えるタイプの案件や企業の営業活動をサポートする案件など、さまざまな案件があります。

報酬も高く、1日数時間などある程度しっかりと取り組むことができれば月に5~10万円の収益を得ることも難しくありません。

時間の融通もききやすいので、主婦や子育て中の女性におすすめの在宅ワークだと言えます。

3. アフィリエイター

アフィリエイターは、Webサイトを作り、そのWebサイトに広告を掲載して収益を得るタイプの在宅ワークです。

ブロガーと似ていますが、アフィリエイターが作成するのはブログではなくポータルサイトや特化型のメディアなどの本格的なWebサイトです。

サイトの運営やSEOでの集客など幅広い知識とスキルが求められますが、月に数十万円~数百万円の収益をあげられる在宅ワークでもあります。

ただ、成果をあげられないと収益が得られないタイプの在宅ワークですので、稼ぐハードルは非常に高いと言えるでしょう。

続いて、在宅ワークのメリット・デメリットをみていきましょう。

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリットを感じる女性

在宅ワークには、他の働き方にはないメリットとデメリットがあります。

在宅ワークのメリットとデメリットについて紹介していきます。

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットはたくさんありますが、その中でも特に嬉しいメリットと言えるのが、

  1. 自宅にいながら仕事ができる
  2. スキマ時間に仕事ができる
  3. 急なトラブルにも対応しやすい

の、3つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 自宅にいながら仕事ができる

自宅にいながら仕事ができるのは、在宅ワークの最大のメリットです。

決められた時間に決められた場所に出勤して働く従来の勤務スタイルとは異なり、自宅のリビングや書斎、自分の部屋など、好きな場所で好きな時間に仕事ができます。

2. 自分のペースで働ける

自分のペースで働けるのも在宅ワークのメリットの一つです。

仕事によっては時間的な拘束が発生したり納期が設定されたりするため完全に自由とはいきませんが、気分転換にカフェにでかけたり昼寝をして体を休めるなど、自分の好きなペースで働くことができます。

3. 急なトラブルにも対応しやすい

お子さんのいる方にとって嬉しいのが、急なトラブルにも対応しやすいという点です。

小さなお子さんの場合、急に熱を出して保育園や学校を休むことが多々ありますが、そういった場合でもすぐに迎えにいけるのは在宅ワークならではだと言えるでしょう。

子どもが熱を出すたびに同僚や上司の顔色をうかがうなど、気をつかう必要もありません。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークはメリットばかりではありません。

  1. 自分で仕事を獲得する必要がある
  2. 収入が安定しにくい
  3. 自制心が求められる

などのデメリットもあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 自分で仕事を獲得する必要がある

在宅ワーカーは基本的には個人事業主です。

そのため、収入を得るための仕事は基本的に自分で獲得する必要があります。

これまでアルバイトや会社勤めの経験しかない方にとっては、不安に感じるポイントの一つだと言えるでしょう。

2. 収入が安定しにくい


収入が安定しにくいのも在宅ワーカーのデメリットの一つです。

会社員時代より稼げることもあれば、まともに収入を得られなくなってしまうこともあります。

そのため、在宅ワーカーとして安定した収入を得たい場合は、収入が安定する仕組みを作るなど、収入を安定させるための努力をする必要があります。

3. 自制心が求められる

在宅ワークで安定した収入を得るためには自制心が求められます。

在宅ワークはどれだけサボっても怒られることはありませんが、サボると収入に直接影響してしまうので注意が必要です。

マイペースに仕事に取り組めますし、休みも自由に設定できますが、周りの目を気にしないでいい分、しっかりと時間を確保して仕事に取り組む自制心が求められます。

テレワークや内職との違い

テレワークと内職の違いを考える女性

在宅ワークは、最近よく耳にする「テレワーク」や「内職」と混同されてしまいがちですが、同じ働き方ではありません。

在宅ワークとテレワーク、内職の違いについて解説していきます。

在宅ワークとテレワークとの違い

在宅ワークやテレワークには明確な定義がありません。

そのため、人それぞれ捉え方が異なりますが、

在宅ワーク=フリーランスや個人事業主など、自宅でおこなう仕事や事業
テレワーク=勤務している企業の業務を会社以外の場所でおこなうこと

と捉えられることが多くなっています。

在宅ワークは企業に属せず自分で事業をおこなっている方の働き方で、テレワークは企業に属している方がが会社以外の場所で働く働き方の名称とも言えます。

在宅ワークと内職との違い

在宅ワークと内職の主な違いは以下のとおりです。

  在宅ワーク 内職
労働者としての扱い 個人事業主 家内労働者
適用される法律 なし 家内労働法
報酬 月に数十万円稼ぐことも可能 時給の相場が300~500円ほどと安いので、月に数十万円稼ぐのは難しい

在宅ワークをおこなう在宅ワーカーには労働基準法も家内労働法も適用されないため、しっかりと知識をつけて違法な契約から自分自身を守る必要があります。

しかし、その一方で大きく稼ぐことも可能です。

内職をおこなう内職者の場合、家内労働者という扱いになり家内労働法で守られますが、時給の相場がかなり低いため、大きく稼ぐことは難しいと言えます。

初心者がやるなら、絶対おすすめ在宅ワーク2選

家でパソコンの在宅ワークをする女性

冒頭で月に稼ぎたい金額別でおすすめの在宅ワークをいくつか紹介させてもらいましたが、初心者がこれから在宅ワークに挑戦するのであれば、断然おすすめなのは、「データ入力」と「在宅コールセンター」の2つです。

データ入力

初心者が初めて取り組むのにおすすめの在宅ワークにデータ入力をおすすめする理由としては、

  1. 誰でもできる
  2. パソコンの基本的なスキルがあればできる
  3. 深夜にでも対応できる

の、3点があげられます。

案件にもよりますが、データ入力はタイピングやパソコンの基本的な操作ができれば誰でも取り組める簡単な業務です。

また、在宅でおこなえるデータ入力は時間に縛られるものではないため、深夜にでも対応可能です。

時間に縛られずに働くことができます。

在宅コールセンター

初心者が初めて取り組むのにおすすめの在宅ワークに在宅コールセンターをおすすめする理由としては、

  1. 誰でもできる
  2. 未経験でも始められる
  3. 子どもがいてもできる

の、3点があげられます。

在宅コールセンターは、マニュアルを覚える必要がありますが、パソコンを触れる人であれば誰でも対応可能です。

未経験の方でも問題なく対応できます。

また、案件にもよりますが、自分の都合やスケジュールに合わせて働けるため、子育て中の方にもおすすめです。

在宅ワークを始める前に押さえておきたいポイント

在宅ワークのポイントを説明する女性

実際に在宅ワークを始める場合に押さえておきたいのが、

  1. 職種の特徴をしっかりと把握する
  2. 甘い言葉に惑わされない
  3. 確定申告が必要になる場合がある

の、3点です。

在宅ワークにはさまざまな仕事がありますが、実際にその仕事を始めるのであれば、始めてからとまどってしまうことがないよう、事前にその仕事の特徴をしっかりと把握しておく必要があります。

また、在宅ワークを提供している業者の中には悪徳な業者もいるため注意が必要です。

「〇〇すれば稼げるようになります」
「稼げるようになるには〇〇しなくてはいけません」

など、「稼げる」とうたって低賃金で働かせたり教材を購入させようとしたりするので、そういった甘い言葉には騙されないようにしてください。

在宅ワークを始めた場合、あなたは個人事業主という扱いになります。

その場合、年間の所得が48万円を超えてしまうと確定申告をおこなう必要が出てきますので、超えた場合は必ず確定申告をおこなうようにしてください。

なかなか一歩踏み出せないなら...

在宅ワークに興味があるものの、「具体的に何から始めればいいかがわからない…」という方は、まずは学ぶところから始められてみてはいかがでしょうか?

在宅ワークでしっかりと収入を得るためには、正しい情報を得て正しい知識を身に着ける必要があります。

スキルを教えてくれたり、研修制度が整っている企業の仕事を選ぶことをおすすめします。

高額な費用を出して学校に通う必要もありません。
まずは一歩踏み出し、チェレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

在宅ワークの最大の魅力は、ライフスタイルの変化に柔軟に対応しながら働けるところにあります。

在宅ワークであれば家にいながら仕事ができるので、妊婦さんや子育て真っ最中の方、主婦の方におすすめです。

また、今の働き方に疑問を感じている方にとっての選択肢の一つにもなります。

在宅ワークは需要が高まっていることもあってさまざまな仕事がありますが、中には詐欺などのトラブルにつながってしまうものもあります。

そのため、在宅ワークが初めてという方は、今回イチオシの在宅ワークとしておすすめさせてもらった、「データ入力」か「在宅コールセンター」から始められてみてはいかがでしょうか?

 

在宅コールセンター についてについて、問い合わせをしてみる

出勤・出社不要
リモートワンに登録して、
高収入、自由な働き方をしてみませんか?
お家で好きな時に
お仕事ができる!
LINEでかんたん登録